ビザ、ワークパーミットについて

      外国人がタイ国内に入国を許可するのが、ビザです。イミグレーション(移民局)の管轄下です。一般に“B”ビザと言われれるものですが、Bとはビジネスの事です。就労ビザともいわれます。そして、その家族が取るのが“O”ビザと言われますが、OとはOther(その他)と言う事です。
      因みに、タイ人の奥さんや旦那さんがいて一緒にタイに居住する場合は、“O”ビザの申請/取得が可能です。

      その他“E”ビザ、いわゆるEducation、教育の為のビザです。タイの学校で勉強するためのビザです。そして、“O-A”ビザ、いわゆるRetirement、 退職者用のビザです。ロングスティビザともいわれますが、50歳以上の方が対象です。これらのビザは、タイ国に入国をするのを許可するもので、就労を許可するわけではありません。

      仕事をする場合は、“B”ビザを取って、ワークパーミットを労働省に申請します。“O”ビザであっても、ワークパーミットを取ることは出来ますが、仕事をされる場合は、出来るだけ“B”ビザを取ってワークパーミットの申請をされることをお勧めします。

 

“B”ビザ
      さて、ワークパーミットを取る為には“B”ビザを海外で取ってくる必要があります。以前は、国内でビザなしでも、他のビザからでも変更出来てはいたのですが、最近は出来ないと言ってもいいでしょう。

      “B”ビザの取得も最近は、申請に予約が必要(今や東京だけではありません)等どんどんと難しくなってきており、必ず申請する時には申請される大使館のウェブサイトを見て必要な事項の確認をしてから準備するようにしましょう。

      弊社のお客様も色々な国で“B”ビザを取ってこられますが、今はどの国に行っても同じように面倒です。中には、ウェブサイトで取得するのに3日~1週間と記載している所もありますが、基本的には書類がそろっていれば申請した翌日にはビザを受取れるはずです。でも、万が一と言う事もありますので、余裕を持って申請しましょう。

 

“B”ビザの切替え
      今、“B”ビザを持っているが、別の会社に勤める、と言うケースもあると思います。この場合は、かなり切り替えがタイトです。ワークパーミットをキャンセルすると、自動的に“B”ビザは1週間で使えなくなってしまいます。この1週間のうちに新しいワークパーミットを取って、更に“B”ビザを取ることになりますから、充分に準備しておく必要があります。ワークパーミットの申請も職歴書を用意したり時間が掛かりますから、少なくとも、1ヶ月くらいは余裕をみて準備しましょう。

 

“B”ビザとワークパーミット
  以前は、“B”ビザワークパーミットは連動していたのですが、今は個々に違う日で更新をすることになります。勿論、最初にワークパーミットを取る時は、海外(タイ国以外)で取ってきた“B”ビザワークパーミットを取って、それを持って“B”ビザの延長の申請をするのですが、それでも“B”ビザの期限は、元の“B”ビザの発行日から1年となります。ですから、ワークパーミット“B”ビザの更新日が違ってくるので要注意です。

   短期のワークパーミット(15日間)と言うのもあります。これは、日本人は、ビザなしで入国出来ます。申請をすれば直ぐに取れますので短期間の業務であれば便利です。例えば、日本からの出張者で、工場や事務所に入るのであれば、業務と見なされますから、法律的に言えばワークパーミットが必要です。

   日本で最近では、コンプライアンスについてかなり厳しく言われておりますが、まだまだワークパーミットについては、まだまだいい加減な所が多いようです。社長が会社に訪問した際に捕まってしまったと言う事がないように、短期のワークパーミットを取得されることをお勧めします。(「短期ワークパーミットについて」参照)

 

BOIの“B”ビザとワークパーミット
   BOI企業は、今では2年以上ワークパーミットが出ます。非常に、便利になりました。ワンストップで両方取れますし、一旦取ってしまえば、更新も一括でワンストップサービスを受けられますし、必要であれば資本金の枠も、タイ人従業員の制限もありませんし、給料も出す必要がありません。これだけを取っても、BOIの奨励を受ける価値があります。

      問題点があるとしたら、本当に専門職の証明が出来ないと(会社の証明、又は職歴書等)ワークパーミットが取れないと言う事です。特に、若い方30歳以下の場合は(正確に言うと、5年以上の専門職歴のない方)は難しくなっています。この辺も、最近ではBOIも柔軟に対応してくれるようになっているようで、相談をしてみるといいでしょう。

 

日本コンサルティング 株式会社
担当:井内 隆司(いのうち)
inouchi@nccthai.com t.inouchi@me.com
携帯:081-645-8370

日本コンサルティングはBOI業務をサポートします。