短期ワークパーミットについて

 

15 日ワークパーミットについて

タイ国内では、短期間の就労が必要な要件が色々とあると思います。その場合にも 必ずワークパーミットが要求されますが、1 日で許可の下りる便利な 15 日間のワーク パーミットがありますので、ここにご紹介します。

 

要件

-ビザの種類は問いません。また、ノービザ入国でも可。
-滞在可能な残存日数が 15 日以上あること。
-1回の滞在(入国)につき1回だけ申請が可能。
-入国前の申請(事前申請)はできません。
-再取得の場合、前回の期限切れより中 45 日空いていること。

 

必要書類

申請者が準備するもの

① パスポート 原本
② パスポート コピー
⇒写真ページ、査証(ビザ)ページ、入国スタンプページ、入国カード(TMカード)
③ 申請者写真
⇒6ヶ月以内に撮影のもの、カラー、3枚、横3×縦4cm
④ 申請書 原本(必要かつ緊急を要する15日以内の業務届出書、トートー10)
⇒2枚作成
⑤ 代行申請委任状 原本

※②,④,⑤は申請者本人のサインが必要です。
※④,⑤は弊社で代行作成いたします。

 

受け入れ会社が準備するもの

⑥ 申請理由書
⇒会社のレターヘッドを使用、タイ語にて記載
⑦ 会社登記証明書(ナンスーラップロン)コピー
⇒6ヶ月以内に商務省発行のもの
⑧ VAT納税者登録申請書(ポーポー01)コピー
⑨ サイン権者のパスポート コピー
⇒写真、査証(ビザ)、入国スタンプそれぞれのページ、入国カード(TMカード)
⑩ サイン権者のワークパーミット コピー
⇒写真ページ、業種役職記載ページ、所在地記載ページ、その他特記事項記載ページ
⑪ ビジネスレターヘッド 3枚
⑫ 代行申請委任状
⇒印紙10バーツ添付
※⑥,⑦,⑧,⑫はサイン権者のサインと社印の押印が必要です。
⑨,⑩は本人のサインのみが必要です。
※⑥,⑫は弊社で代行作成いたします。

 

届出対象業務

1、総務並びに教育関連業務
1.1 カンファレンス、ディスカッション、セミナーの主催又は招待
1.2 社内監査
1.3 特別講義、研修
1.4 航空管理業務

2、技術業務
2.1 検査、技術フォロー、技術事項解決のための業務
2.2 機械の設置や他技術的事項に関する会議
2.3 航空機関連技術業務
2.4 機械修理、設置業務
2.5 石化技術関連業務
2.6 機械のデモンストレーション、テストラン
2.7 技術研修、技術セミナー業務
2.8 映画撮影

3、海外人材関連業務
3.1 人材採用、評価業務
3.2 技術レベルチェック業務

4、その他
4.1 購買業務
4.2 ツアーアテンド
4.3 非営利業務

5、役所が必要かつ適切と認めた業務

日本コンサルティング 株式会社
担当:井内 隆司(いのうち)

inouchi@nccthai.com t.inouchi@me.com
携帯:081-645-8370

日本コンサルティングはBOI業務をサポートします。